8月, 2011年

メル友予算

2011-08-29

メル友だった女性と実際に会うとなると、男性の方はひとつの大きな問題を抱えてしまうでしょう。
そうです!それはどっちがデート代の支払いを行うかという問題です。
デート代というのは思っているよりも重要な問題でしょう。
男性側からすればデート代はできれば割り勘にしたいですよね。
しかし、初めて女性と会う時にはデート代は男性が出した方が良いかと思います。
初めてのデートで好印象を与えておいた方が後々の発展に繋がるでしょう。
人というのは第一印象がその人に対しての印象になるくらいですので、初めて会った時にデート代を男性が負担するか2人で割り勘にするかによって、女性が男性に対してどういう印象を受けるか大きくことなってくるでしょう。
男性にとっては予想外の出費になるかもしれませんが、女性との出会いを大切に思っているのであればデート代は出すべきだと思います。
もしかしたらデート代を奢ったことによって相手から信頼される可能性もありますからね。
男性がデート代を出すとなると経済的にはいいことはないかと思いますが、それでも相手には好印象を与えることが出来ますので、そのことを考えた時には奢っても損はないと思います。
逆に、デート代を割り勘にしただけで相手にケチな人だなぁと思われると、その印象を変えるには大変な時間と努力が必要になるでしょう。
そのため、初めのうちにデート代を出して好印象を与えておいた方が、総合的に見て得する可能性だってあるのです。

まずはしっかりアピールを

2011-08-09

メル友を作るテクニックはメールを送る側だけでなく、
メル友募集サイトや掲示板などで募集をかける側にも必要になります。
「メル友募集しています!」
これだけでは、どんなメル友が欲しいのか分かりませんよね。
誰でも良いとも受け取れますし、
場合によっては出会いを目的にしていると勘違いされることも…。
メル友を作るテクニックとしては、
やはり募集を見た人に「この人と友達になりたい」と思わせることが肝心です。
相手に興味を持たれなければ、最初の連絡さえもらえません。
しかし中には、
「条件をつけたら、友達になってくれる人が減るんじゃない?」
と、そう思う人も居るかも知れません。
確かに話の幅を狭めては、メールをもらう確率は減るかも知れませんね。
しかし、例え連絡をもらっても趣味が合わない人とだと結局長続きはしないでしょう。
せっかくメールのやり取りをするなら、
同じ話題で盛り上がれる人との方が楽しいはずですし、
お互いにメールが来るのを待ち遠しく思いもするでしょう。
「誰でも良い」のではなく、「この人と話したい」。
相手にそう思わせることがメル友作りへの第一歩です。
メル友募集掲示板に書き込む際には、
自分の趣味はどんなもので、どんな人とメル友になりたいのか。
またメル友とどんな話をしたいのか。
まずはそれをしっかりアピールして、同じ趣味や気の合う人を探してください。
その際、性別や年齢に希望があるなら、それも一緒に書いておきましょう。
それがメル友を作るテクニックの基本です。

インパクトのある件名を

2011-08-09

メル友を作るテクニックは色々ありますが、
やはり最初に送るメールをどのようなものにするかが重要なポイントです。
中でも、まず目につくのがメールの件名。
メル友募集をした人には他にもたくさんのメールが届くわけですから、
その中で埋もれてしまう件名はできるだけ避けましょう。
特に、件名未入力などは論外です。
件名が無いメールは、場合によっては迷惑メールと判断されて、
読まれることもなくゴミ箱行きなんてことにもなりかねません。
せっかくメル友になりたくてメールを送ったのに、
メールを見てもらうこともなく終わってしまうのは寂しいですよね…。
たくさんあるメールの中から、
「このメールを読みたい」と思わせる件名をつけるようにしましょう。
メル友を作るテクニックとしてまず重要なのは、
礼儀を守りつつ、相手にインパクトを与えること。
そして印象に残る件名をつけるのも、メル友を作るテクニックの一つです。
本文を開ける前にまず見る件名でもしっかり自分をアピールして、
相手にも興味を持ってもらえるようなメールを作ればきっと返信がきます!
しかし、インパクトを重視にするあまり、
礼を欠いたり、意味不明な言葉を並べたりするのもいけません。
あくまで簡潔に、分かりやすく。
まだ友達にもなっていない人にメールを送るのですから、
最初はできるだけ綺麗な言葉を意識しましょう。
初対面の人からいきなりテンションの高いメールが届いたら、
誰だってびっくりしてしまいます。

まずは礼儀正しいメールを

2011-08-09

学校や職場で同じ趣味の友達を見付けることができない。
そんな時、インターネット上でメル友を募集する人は、実は結構多いです。
最近では多くのメル友募集掲示板やサイトがあるので、
そう言う場所を利用してメル友を見付ける人が多いみたいですね。
しかし、メル友を募集している人にコンタクトをとっても、
必ずメル友になれるわけではありません。
書き込みをした人には、他にもたくさん「お友達になりましょう」と言うメールを貰っています。
こう言う場で、メル友を作るテクニックが求められるのです。
では、どうしたらメル友を作るテクニックが磨けるか。
まず気をつけなければならないのは、あまり馴れ馴れしくし過ぎないこと。
話しやすさと馴れ馴れしさは違います。
同性ならまだしも、異性からいきなり馴れ馴れしいメールがきたら、
大抵の人は引いてしまうか、「礼儀知らず」と認識するでしょう。
互いに名前も顔も知らないからこそ最低限の礼儀を守ったメールを送り、
自分が良識ある人間であることを示せば、あとはあなたのメル友を作るテクニック次第。
いかにして相手の興味を引くかがポイントになります。
どんなに礼儀を守っても、あなたが送ったメールに興味を持ってもらえなければ、
お友達どころか返事さえもらえないかも知れません。
いつまでも来るか分からない返事を待つのは寂しいですよね。
学校や職場の友人と違って、メル友は連絡を断てばすぐに消滅してしまう関係です。
だからこそ礼儀を守り、相手を傷付けない言葉を選んだメールを心がけましょう。
相手がそう望んだなら別ですが、友達のようにくだけたメールを送るのは、
ある程度の信頼関係を築いてからでも遅くはありません。

返事がしやすいメールを

2011-08-09

メル友募集の書き込みを見て連絡をとってみたけれど、返事がもらえなかった。
そんな経験をしたことはありませんか?
運が悪かったか、そうでなければメル友を作るテクニックが足りていないのでしょう。
では、メル友を作るテクニックとは?
メル友を作るテクニックの中には「返事をもらえるメールを書く」、があります。
当たり前のことですが、実はこれがなかなか難しい。
まずは相手のプロフィールやメル友の条件を見て、
どんな話題だったら相手に興味を持ってもらえるのかを考えましょう。
いきなり「●●と言います、メル友になってください」では簡潔過ぎて、
かえって返事をしにくいと思われがち。
またいきなりタメ口だったり、恋人関係を匂わせたりする話題もNG。
最初は相手の興味を引く内容を押し出し、
かつメールの中にさりげなく質問文を入れておくと相手も返事がしやすいです。
そしてもう一つ気をつけたいのが、メールの長さ。
普段の携帯でのメールのやり取りだと短い文章でも問題ありませんが、
自己紹介をたった一行ですませられては堪りません。
向こうは気の合うメル友が欲しいので、
どんな人が自分と友達になりたいと言ってくれたのかをメールの中から読み取ろうとします。
しかしたった一行や二行の短いメールでは何も分かりませんよね。
お互い顔も名前も知らず、相手は何通もくるメールの中でも、
興味を引かれたメールにだけ返信するわけですから、
当然返事がしにくいメールには目もくれません。
相手の興味をひき、返事がしやすいメールを意識しましょう。

書き込みから少しでも多くの情報を

2011-08-09

メル友を作るテクニックとして重要なのは、
やはり文章から相手の事を理解することではないでしょうか。
例えばメル友募集の掲示板を見ていても、人によってその文章は様々。
「メル友になってください!」と言うだけの募集もあれば、
条件などを細かく丁寧に書いて「よろしくお願いします」で締める募集もあります。
文章に隠されたその人の情報を読み取るのも、メル友を作るテクニックの一つです。
「メル友になってください!」だけの書き込みと、
条件が事細かに指定されている書き込み。
一見すると後者の方が話題の幅も狭く厄介そうですが、
言い換えればそれだけ情報が提示されていると言うこと。
情報はあればあるだけ相手に送るメールの内容が広がります。
条件が一致しているならば共通の趣味など話題はたくさんありますし、
長い文章で条件を提示しているので、
どのような口調でコンタクトをとれば良いのかも分かりやすいでしょう。
例えば「メールちょうだい!」と「メル友を募集しています、よろしくお願いします」、
どちらも短い文章ですが、これだけでも随分印象が違いますし、
何となく後者の書き込みには敬語で接した方が良いのが分かります。
メル友は直接顔を合わせるわけではないので、
メル友を作るテクニックがそのままあなたの評価になり得ます。
中には「いきなりタメ口のメールはちょっと…」と言う人も少なくないので、
相手の書き込みからどのような口調が好ましいのかを読み取るのも、
メル友を作るテクニックであると言えるでしょう。

メールのボリュームを調節しましょう

2011-08-09

送られてきたメールに合わせて返信メールの長さを調節するのも、
メル友を作るテクニックの一つです。
メールの長さは人によって様々。
数行で簡潔に終わらせる人も居れば、
スクロールバーが見えないくらい小さくなるまで書く人も居ます。
仕事上でのメールなら簡潔に済ませるべきなのですが、
相手がメル友となれば話は別です。
例えば、あなたが気合いを入れて送ったメールに一行二行の返信しかこなかったら、
メル友との間に温度差を感じて寂しくなりませんか?
文面によっては、送った人にそのつもりがなくても、
「もしかしてメールの返信、面倒くさいのかな」と思ってしまうかも。
しかし、逆に自分が送った何気ないメールに、
過度の長文を送られても逆にびっくりしちゃいますよね。
返信が短すぎると不安になりますが、
長過ぎると今度は「気持ち悪い…」と思われてしまうかも知れません。
それが異性からのメールだったらなおさらでしょう。
顔もわからない相手だからこそ、普通以上に不安に思うことだってあるのです。
あなたのメル友を作るテクニックを駆使して、
極力相手を不安にさせないようにしましょう。
その人がメールに対してどのようなスタンスを持っているかは、
送られてくるメールを観察していれば自然と見えてくる筈です。
メル友はメールだけの繋がりなので、何かあるとすぐに切れてしまいます。
せっかくできたメル友なのに、自然消滅では寂しいですよね。
メールの内容を同程度の長さでまとめることも、長続きするメル友を作るテクニックです。

メールが来ない時でも

2011-08-09

最近では小学生でも持っていて当たり前の携帯電話。
学校や仕事上での連絡を取り合うものとして使われるのは勿論ですが、
携帯電話のメールでメル友と連絡を取り合っている人も多いのではないでしょうか?
メル友を作るテクニックの一つに、
メールを送る時間帯と頻度を選ぶ、と言うのがあります。
学校が終われば比較的時間に融通がきく学生さんと違い、
社会人にもなるとなかなか時間の都合がつけられないことがあります。
「メールなんて1分あれば打てるじゃない。 もしかして私にはメールしたくないのかな」
どうか、そんな風には思わないであげてください。
気持ちが疲れているとメールを一通送ることもできなくなってしまいます。
しかし仕事の愚痴なんてメル友にも言いにくいもの。
なかなか返信が無くても返事を急かしたりせず、メールを送るとしても相手を気遣い、
労る言葉を選んであげましょう。
メールの文面や行間から相手の様子を伺い、メル友の負担にならない言葉を掛けるのも、
良いメル友を作るテクニックです。
メールの返信が無い場合は、その理由があるはず。
顔も知らない友達ですから、言われなければ分からないこともありますが、
だからこそ相手が自分の知らない事情を沢山抱えていることを忘れてはいけません。
心がささくれ立っている時に返信を催促されたら、相手は余計落ち込んでしまうでしょう。
友達を労ると言うことは、メル友を作るテクニックと言うより、
人間関係全般における基本中の基本のテクニックですね。

顔文字やギャル文字は控えめに

2011-08-09

相手の年齢や性格などを考慮してメールの文面を考えるのも、
密な関係のメル友を作るテクニックです。
特にある程度の歳を重ね、社会的に自立している人がメル友の場合は、
いわゆるギャル文字や顔文字などを使用する頻度を考えた方が無難です。
普段の生活や仕事の中できっちりとした文書に慣れている人にとっては、
ギャル文字はそもそも解読できない、なんて事もあり得ます。
実際、ギャル文字は普段から使っていなければ読みにくい文章ですし、
相手が社会人なら「軽薄な人」と言う印象を与えかねません。
中にはギャル文字自体を嫌う人も居ます。
また男性が慣れない絵文字や顔文字を多用すると、
女性から「なんだか気持ち悪い…」と思われてしまうこともあります。
一つ二つなら可愛らしいですが、
幾つも書かれると女々しささえ感じてしまうことがあるので気をつけましょう。
メールを送る相手が女性だから可愛いメールを書くのではなく、
相手が女性だからこそ客観的に見て軽薄さを感じさせないメールを書くべきです。
特に女性は、男性が想像している以上にメールの中から情報を読み取ろうとします。
相手が気持ちよく読めるメールを作成するのも、メル友を作るテクニックです。
相手がどのようなメールを作成しているのかをよく観察して、
どの程度までならくだけた内容で大丈夫なのかを判断しましょう。
男性も女性も読みやすいメールを作るテクニックが、
結果的にはメル友を作るテクニックを磨くことになります。

貴方がメールを返信するまでにかかる時間は?

2011-08-09

良い関係のメル友を作るテクニック。
メル友とメールのやり取りをしている人には親しい関係を長続きさせるため、
メル友を作るテクニックが何かしらあると思いますが、
誰しもメールを返信するスパンはある程度意識しているのではないでしょうか。
一般的には、やはり早い返信が喜ばれます。
メル友は何らかのリアクションが欲しくてメールを送っているので、
その返事を早く欲しいと思うのは当然でしょう。
特に、メル友として更に一歩進んだ関係を築きたい相手なら、
できるだけ3時間以内の返信を心がけてください。
返信しなかったり、長くメールを放置したりしてしまうと、
「この人は私に興味がないのかな…?」と思われてしまいます。
もしあまり頻繁にメールに返信をするタイプではないのなら、
メールを交換した時にそのことは言っておきましょう。
最初からお互いのペースを把握していれば、
返信が遅くても相手に振り回されたり、振り回したりすることも無く、
お互いに「そう言う人なんだ」と納得することができます。
しかし、普段はすぐに返信することができる人でも、
仕事で忙しい時や家庭の事情で長らく返信できない時もありますよね。
もし良い関係を保ち、友達として信頼関係を築けているメル友なら、
事情を話してしばらく返信できそうもない旨を打ち明ければわかってくれる筈です。
もしそれについて文句を言われたなら、残念ですが相性が悪かったのでしょう。
互いの距離のはかり方も、仲の良いメル友を作るテクニックです。

« Older Entries
Copyright© メル友出会い紹介所 All Rights Reserved.